読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sangouの支流

王道とは軸をずらした題材でふらっと書くゲーム日記

ワイルド 「エッグドルイド」デッキガイド

ハースストーン

・前置き

初めまして”sangou”と言います。余り更新はしていませんがツイッターもやっています、質問等があればそちらで対応致します。

無名かつ最高でもランク5程度のカジュアルプレイヤーですので細かい認識が間違っているかもしれません。なので間違いなどは別途指摘して頂くなり暖かく見守って頂けると幸いです。

今回紹介させて頂く理由として、エッグドルイドがただでさえプレイヤーが少なくやり込む人数の少ないワイルド環境でほぼ姿を見ないデッキである事です。おそらくこのデッキを未だに愛用しているのは自分ぐらいだと思います。面白いデッキなのにプレイヤーが少なく、自分の独力ではデッキの調整に限界があるので他のプレイヤーの知恵も取り入れてデッキとしてより発展して欲しいと言う思いが強いからです。続きを読むから詳細が読めますので是非。

 

 

 

 ・デッキレシピ

f:id:sangou35:20161121145449p:plain

 

 

・デッキの特徴

その名の通り《ドラゴンの卵》や《ネルビアンの卵》等の強化と相性の良い卵、《反響ウーズ》や《生きている根》等横に強いカードを軸とし《野生の力》や《森の魂》で全体強化しつつ数で攻めるアグロデッキです。豊富なバフを活かして相手より強い盤面を維持する事を心掛けましょう。特に《練気》を絡めて高速で強固な盤面を作り上げる事が出来ると早期に勝つ事が出来るでしょう。またトレードして美味しいカードが多い事やAOEへの耐性も作る事が出来る為、相手からすると対処しにくい嫌らしい動きが持ち味です。その反面手札切れが速く、相手に盤面を取られるか流されると巻き返せない脆さが弱点と言えるでしょう。しかしながら序盤からシークレットパラディンやZOOすら凌駕する盤面を作り上げられるデッキであり、非常に使用していて面白いデッキです。

 

 

・プレイング

序盤は1マナや2マナのミニオンを展開しつつ豊富なバフで有利なトレードを行い、盤面を制圧する。中盤以降は相手のデッキの除去に対応出来るようなバフやトレードを行いつつ《アルガスの守護者》や《森の魂》で盤面に蓋をする。そして終盤は《獰猛な咆哮》や《野生の力》等でバーストダメージを出すのが主な勝ち筋になります。

《サー・フィンレー・マルグルトン》のヒーローパワー選択は主に、トークンを増やす路線でパラディンとシャーマン、単純に使いやすいローグとメイジ、ダメージレースを優位にしやすいハンター、息切れを防止できるウォーロック辺りを選択する事になると思います。特に序盤で圧倒的な盤面を築く事が出来た場合、ハンターを選択してフェイス重視でプレイする事はシークレットパラディンなどに有効打になります。またウォーロックの場合、ミッドレンジとの消耗戦で優位に立つ事が出来ます。その時々においてプリーストが最適解で合ったりと選択は変わりますが、迷ったらウォーロックを選ぶと安定すると思います。

また、環境のAOEと除去について熟知しておく事も重要です。例えばプリースト相手にはパワー4が処理されにくかったりしますし、テンポメイジ相手に敢えて《ネルビアンの卵》を割らずに置いておくと《フレイムウェイカー》を機能不全に陥らせることが出来る場合も出てきます。ドルイドが相手なら《なぎ払い》に強いようにタフネス1のミニオンを並べ過ぎずに極力《アルガスの守護者》等で強化する、ハンターの秘策の《爆発の罠》や《狙撃》を読んで《ネルビアンの卵》を出すなどの対処が出来ると思います。特に相手のAOEを想定してそのカードを使える前のターンに除去耐性を持たせる事を意識してプレイ出来ると盤面を守る事に繋がり勝ちに直結すると思います。

 

 

・デッキのカード選択

このデッキの核であるカードは《練気》、《反響ウーズ》、《ネルビアンの卵》、《森の魂》、《獰猛な咆哮》、《ジーヴス》になります。《練気》と《反響ウーズ》に《野生の紋章》を絡めて後手1ターン目から3/4挑発を2体作る動きなどは他のデッキには無い強みだと思います。《ネルビアンの卵》と《森の魂》はAOE耐性を作る為のカードとして非常に良く働きます、例えばプリーストが《ホーリーノヴァ》と《掘り出されし邪悪》を撃てる前のターンに《ネルビアンの卵》などが居る状態に《森の魂》をしておけば盤面を相手が全て処理する事が困難になります。《獰猛な咆哮》は横には並べやすく打点が不足しがちなこのデッキの貴重なバーストダメージ源です。このカードを引けるかの勝負になる事も非常に多いです、その為下手に使わず温存する必要があります。最後に《ジーヴス》です。このカードは利敵作用も有りますが、手札消費が激しく4ターン目には手札が0枚になる事も良くあるこのデッキでは、非常に優秀なドローソースとなります。大体1~3倍の効果を持つ堅くなった《マナの潮のトーテム》と考えると分かりやすいかもしれません。

このデッキの入れ替えられる部分とその他候補についても記しておきます。《ルーンの卵》、《ダイヤウルフ・リーダー》、《騎乗用ラプター》の3枚と《呪われし蜘蛛》、《アルガスの守護者》の2種類は1枚ずつの合計5枚は入れ替えても良い枠と考えています。他の採用候補ですが既にデッキにある1枚刺しのカードを追加もしくは《腐食のグリズリー》、《海の巨人》、《カルトの教祖》、《ヴァイオレットアイの教師》、《モローズ》、《アージェントの従騎士》等でしょうか。特に《海の巨人》は環境にもよりますがシークレットパラディンにも強く、縦方向へ強いミニオンでありオススメです(現状プリーストが多い気がしてたので抜きましたが)。

《魔法のワタリガラス》、《食糧庫蜘蛛》などの獣ミニオンに《ヤシャラージュの烙印》を《野生の紋章》と入れ替えて獣よりの構成にするのも良いと思います。こちらの場合、デッキの素の打点が上がる事と《ヤシャラージュの烙印》でドローが出来る点が勝りますが、挑発が付与出来ない為に本命以外に攻撃をされて盤面が思うようにコントロール出来ない場合が欠点になります。

 

 

・マリガン

先手の場合最優先でキープ:《練気》、《サー・フィンレー・マルグルトン》、《ドラゴンの卵》、《ルーンの卵》、《生きている根》

上記の5種類の内《練気》以外をキープ出来る場合に追加キープ可能:《鬼軍曹》、《ダイヤウルフリーダー》、《呪われし蜘蛛》、《ネルビアンの卵》、《野生の紋章》、《野生の力》

先手でかつ練気がキープ出来た場合に追加キープ可能:《騎乗用ラプター

先手でかつ練気がキープ出来た上に1マナミニオンも1枚キープ出来た場合に追加キープ可能:《野生の力》、《野生の紋章》

先手では練気が1枚しか無い場合には1マナ+2マナの動きが最大になる為、《練気》→《ドラゴンの卵》→《野生の紋章》及び《練気》→《騎乗用ラプター》等の動きが一番強い事が多いです。もしくは2ターン目に《練気》→《反響ウーズ》→《野生の紋章》or《野生の力》等を狙えるようにキープするのも良いと思います。練気が無い場合は確実に1マナのミニオンは場に出せるようにキープする事が重要です。とにかく序盤は盤面作りに力を入れたいので確実に初ターンから動けるようにマリガンをして行きましょう。

 

後手の場合最優先でキープ:《練気》、《サー・フィンレー・マルグルトン》、《ドラゴンの卵》、《ルーンの卵》、《生きている根》、《呪われし蜘蛛》、《ネルビアンの卵》

 

《反響ウーズ》に関しては序盤に素出しするには弱いので《練気》を絡めて強化出来るセット等が揃って無い場合はマリガンで戻してしまって構わないと思います。また《野生の力》と《野生の紋章》についても低マナのミニオンが確保出来て居ない限りはマリガンしてしまって構いません。

後手の場合でも確実に初ターンから1マナミニオンもしくは《コイン》+2マナミニオンの動きを出来るようにマリガンする事が大切です。また先行後攻問わず、《生きている根》+《野生の力》などターンをまたぐ相性の良い組み合わせも幾つかあるので、必ずしも上記の通りに行わずに柔軟にマリガンをしてもキチンと動けるなら大丈夫です。また、このマリガンに関しては基本的に相手を問わない共通のマリガンを想定しています。プリーストやパラディン等が相手の場合に練気がある場合は《森の魂》をキープする事もあります。

 

 

・デッキ相性

-メイジ-

テンポメイジ 普通

《ネルビアンの卵》等が《フレイムウェイカー》や《魔力の矢》に強く、盤面さえ作る事が出来れば押し切る事が可能です。しかしながら相手に盤面を崩されると取り返すのが難しく、回った方が勝つゲームになるでしょう。

 

フリーズメイジ かなり不利

AOEには弱く打点も低いデッキですので《獰猛な咆哮》等をしっかり引けないと厳しいマッチアップです。《終末預言者》を他のアグロデッキより返しにくいと思うのでその点も辛いかなと思います。ただししっかりプレイをすれば勝てない事も無いので気合で捌きましょう。

 

-ドルイド-

スペルドルイド系統 有利

相手が《なぎ払い》を撃てる4マナまでに断末魔軍団を並べて強化が間に合うので有利に進める事が出来ると思います。また一度盤面が完成すると《希望の終焉ヨグサロン》以外で返すカードがほぼ無いと思うので、個人的に有利だと思っています。

 

-シャーマン-

アグロシャーマン 普通

《野獣の精霊》がやや厳しいですが挑発を持たせるカードも多く《トンネルトログ》や《トーテムゴーレム》を倒す事もそれほど難しくないので相性差は平坦です。AOEを何枚積んでいるかどちらが回るかの勝負だと思います。

 

ミッドレンジシャーマン やや不利

豊富なAOEに強化した《ネルビアンの卵》等を無に帰す《呪術》、優秀なミニオンと単純にデッキパワーで負けている点で辛いです。しかし悲観的になる程に厳しいマッチアップで無いので、盤面を作りつつAOEを撃ちにくい状況を押し付けて勝ちましょう。

 

-ハンター-

秘策ハンター 有利

《狙撃》《凍結の罠》《爆発の罠》これらのどれもにカウンターカードがあり非常に楽なマッチアップです。《狙撃》と《爆発の罠》のチェックと対策には《ネルビアンの卵》を、《凍結の罠》に《鬼軍曹》等を被せましょう。相手の秘策をしっかりと対策したプレイを心掛ければ相手がこちらを有利にしてくれます。《ヘビの罠》だけは厄介なので積まれて居ない事を祈りましょう。

 

ミッドレンジハンター やや有利

こちらも上と同様で秘策に強い点で有利だと思っています。極力盤面の獣を有利なトレードをしつつゲームを進めて行くと良いでしょう。

 

-ウォーロック-

レノロック やや不利

豊富なAOE、言わずと知れた全回復とアグロデッキの関門的存在のレノロックは若干不利です。ただし《悪魔の憤怒》以外はそこまで速いターンでAOEが飛んで来ないので対策が間に合う事も多いです。

 

ZOO 普通

引き勝負で盤面作れた方が勝ちます。《インプギャングのボス》と《インパァクト》が厳しいですが、勝手に相手がライフを失って行くのでダメージを他のデッキより与えずに勝てる点は楽です。

 

-ウォリアー-

海賊 有利

しっかり挑発を作り相手の海賊を処理しつつ展開をしていれば大体勝てます。《ンゾスの一等航海士》や《アップグレード》で序盤から盤面を処理されると厳しい時も有りますが、基本は有利な展開が出来ると思います。

 

ウォリコン かなり不利

《乱闘》《報復》《デスバイト》《死憎悔いのグール》。これだけで負けた気分がします。打点が低いデッキなので耐えられて前述したカードで処理されて詰みが多いです。

 

パトロン かなり不利

こちらもウォリコン同様厳しいのでやりたくないですね。

 

ドラゴン及びテンポ系統 不利

ドラゴンはAOEが入っていない事が殆どなのでキツくは無いですが《トワイライトの守護者》が超えにくい点では嫌です。テンポに関しては不利ですがウォリコンやパトロンよりはマシだと思います。しかしながらウォリアーは《苦痛の侍祭》の採用率が高く、エッグドルイドからすると悪夢です。

 

-プリースト-

ンゾス等のコントロール系統 ほぼ勝てないほど不利

最早語る事などありません《ホーリーノヴァ》《掘り起こされし邪悪》《光爆弾》《オウケナイのソウルプリースト》《デスロード》。

 

敗北を認めよう。

 

ドラゴン かなり不利

こちらも厳しいですがコントロールよりはマシです。それでも大体負けるのでプリーストとは対戦したくありませんね。

 

-パラディン-

シクレパラ 不利

デッキパワーが高く、《秘密の番人》《シールド・ミニロボ》《兵役召集》等の序盤から盤面を取りやすいカードが多く厳しい戦いを強いられます。その上で《聖別》まであるので堪ったモンじゃありません。

 

鯛罪及びンゾス等のコントロール かなり不利

火遊びしないで下さい。折角バフしたカードを決まりに従わせないで下さい。なんで怪物が謙虚な気持ちになるんでしょうね?

 

敗北を認めよう

 

-ローグ-

ミラクルローグ 普通

《死角からの一刺し》は強いですがこのデッキには余り刺さりません。盤面を作るのも間に合うので《ナイフの雨》が降り注ごうが、《SI7諜報員》が工作をしようと跳ね返せます。かと言って別に有利な感じもしない不思議なマッチアップです。ローグ全般に言えますが《エドウィン・ヴァンクリーフ》と《ダークアイアンスカルカー》は天敵。

 

ミルローグ やや有利

マイナーデッキ対決はやや有利だと思います。相手が勝手に手札の消耗が多いデッキにカードを引かせてくれるので、《退散》さえハマらない限りは勝てると思います。

 

 

それほどデッキパワーは高い訳では無いので不利なマッチアップが多く、優秀なAOEを持つデッキには早期の対策を盤面で作れないと勝ち切る事が難しいです。またそれほど有利なマッチアップも多く無いので対戦相手の事を良く知り、こちらの出来る事をしっかりとする必要があります。その分勝った際には非常に達成感がある良いデッキだと思います。(もしエッグドルイドに親を殺されたプレイヤーが居るならプリーストにAOEを詰め込みましょう、98%勝てると思います。)

 

 

・最後に

これを機に一人でも多くのプレイヤーがエッグドルイドに親しみを持って貰えると嬉しいです。次の拡張では手札のカードを強化するカードや1マナで盤面を全体強化出来るカードなどが見えて居るので、もしかしたらエッグドルイドが輝ける環境が来るかもしれません。これを機に興味を持った方と共により良いレシピを仕上られたら嬉しいなと思います。また意見や質問などがあれば対応出来る範囲で対応しようと思いますので気軽にツイッターに声を掛けて下さいね。それでは。

twitter.com