読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sangouの支流

王道とは軸をずらした題材でふらっと書くゲーム日記

シャドウバース初心者が語るミッドレンジロイヤル(Bランク26連勝)

f:id:sangou35:20161202041144j:plain

◇前置き

シャドウバースを二週前ぐらいからぼちぼちやっています。まだBランク帯なので相手が仕上がって無く運が良いのも相まって26連勝出来ました(記録継続中)。使用したのはほぼミッドレンジロイヤル。疾走ビショップ、アグロヴァンプ、アグロネクロを途中で使用しているのでロイヤルは多くて21戦分ぐらいなのも先に断っておきます。それでもロイヤルは連勝中一度も負けて居ない(当たり前)ので勝率はすこぶる良いのは明らかでしょう。

 

 

◇ミッドレンジロイヤルとは?

マナカーブ通りにフォロワーを展開して攻める純粋なミッドレンジデッキです。ハースストーンに例えるならシクレパラに近く展開力はミッドレンジシャーマン並の強さです。盤面への質を共なった展開は守護や渾身の一振りにフローラルフェンサーや乙姫など環境随一の強さを持ちます。アグロには優位に戦えますし、下手なミッドレンジとのパワー勝負でも劣る事はありません。アルビダの号令やノーヴィストルーパーでの疾走でゲームを終わらせる事も可能ですし、乙姫やアセンティックナイト+セージコマンダー等で盤面を再構築する力にも優れており、コントロール相手にも一度のボードクリア程度なら難なく乗り越えるパワーがあります。

 

◇デッキレシピ(sangou使用)

f:id:sangou35:20161202041804j:plain

構築に関しては正解が分からないので特定の相手に引きたいようなカードを1枚で色々と入れています。

 

☆確実にどのプレイヤーも採用していると思うカード(枚数は個人によりけり)

・歴戦のランサー

エルフやアグロにも強く、このデッキが中々触れる事の出来ないフォルテ等を一度足止め出来る点で必須だと思います。見た目以上に活躍するカードであり、マリガンで引きに行く事も多いです。

 

・メイドリーダー

乙姫やセージコマンダーなどの強力なカードを引きに行ける強力な2マナです。ただしサイズ自体は小さく最序盤にはやや出しにくいカードです。構築上で指揮官の種類を絞るとより狙ったカードに辿り着ける可能性が上がります(当たり前)。

 

・渾身の一振り

後手のテンポ兵器その1。テンポを一瞬でかっさらうクソ優秀な除去です。インパァクトに近い物を感じる強カードですが、先手でやや使いにくく相手によっては腐るので2枚でも良いと思います。

 

・ノーヴィストルーパー

1マナ1/2を倒したりリーサルに届かせたり非常に使いやすいカードです。コルクロンの精鋭に近い使用感。

 

・フローラルフェンサー

後手のテンポ兵器その2。進化をすると1/1と2/2が出てきます、この時点で強すぎて意味が分からないのですが文言通りです。悪戯なネクロマンサーと比べるのはナンセンス。最初から横に並ぶシュレッダー。

 

・ロイヤルセイバー・オーレリア

爪のドルイドやヘドロゲッパ―を彷彿とさせる大型守護キャラ。このカードも大概インチキで、相手の場に3体以上フォロワーが居ると何故か能力で選択出来なくなるのです(呪禁?)。特に対アグロ性能には目を見張る物が有り、引けるか引けないかが勝率に繋がって来ます。

 

・セージコマンダー

速攻性のあるムクラの勇者(サイズは爪ドル)みたいなカードです。流石に強いですね。特に後述の乙姫との組み合わせは強烈無比。テミスの審判を1ターン渋ろうものなら直ちに負けさせられます。

f:id:sangou35:20161202045134j:plain

乙姫の残党が居ればこの通り。

 

・海底都市王・乙姫

盤面の空きの限り1/2を出す(本体3/4)。

謎、余りにも謎過ぎる程OP、おっぱいは無い。イシュカナと違って昂揚の達成は要りませんし、オニクシアと違って並ぶトークンもタフネスが2あると言うイカレ具合。これまたテミスを惜しまず撃って来た相手に連打するだけで勝てる極悪非道カード。このカードの為にミッドレンジにする意義があり、無いなら妥協してはいけない部分です。

 

・アルビダの号令

野獣の精霊+獣の相棒(ハファー)みたいな性能。単純に強いカードなので撃ち得。特に超越相手などに猛威を振るう有能カード。守護が出て来るのでダメージレースにも強い点が素晴らしい。

 

その他のカードについては人によって色々変わって来ますし、好みやランク帯によるメタなども有り、一概にコレとは言えないと考えています。自分の1枚差しについては師の教えとオースレスナイトとフェンサーは多く引きたくないが強い場面があるので投入。ツバレッジと死の舞踏はエルフやアグロヴァンプやドラゴンなど特定のマッチで引きたいカードの位置付けで毎回引く必要が無いカードです。

 

◇プレイング

・序盤

フォロワーを展開しつつ盤面を取る

・中盤

フォロワーを展開したら盤面が取れてる

・終盤

フォロワーを展開したら勝ってた

 

こんな感じに強い順番にカードを出すだけ。相手によって多少変わりますが低ランクなら相手が分かって無いので適当でも勝てます。

 

◇総括

デッキが強いから連勝出来て自慢したかっただけ。

シャドバはハースストーンをやってたプレイヤーなら勝てるゲームなので対抗意識を持たずに遊ぼう、オススメ。エッグドルイドとかが好きな個人的にはミッドレンジネクロが一番好き(強いとは言っていない)。