sangouの支流

王道とは軸をずらした題材でふらっと書くゲーム日記

エリクサー病にも通ずる「いのちのきのみ」の使用論 

              f:id:sangou35:20180120122123p:plain

いのちのきのみ使いますか?使うとしたら誰に?

 

今回はそんなお話

 

 

・種泥棒許さねえ(テンプレ)

 

流石にコレを知らない人はそんなに居ないと思うので割愛したいが一応。使う事でキャラクターのHPを上げる事が出来るアイテムが「いのちのきのみ」。宝箱やタンスやモンスターのドロップアイテムで入手出来る。

 

しかしながら使うタイミングで迷う事も多々あると思う。もしジェイガンタイプのキャラが居たら離脱しそうに感じるだろうしね。実際ドラクエだとそういう離脱例は限りなく少ないんですけども。

          f:id:sangou35:20180120122654p:plain

 

上の画像は種被害者の会が設立される原因だ。詳しくはドラクエ7をプレイしてキーファに種を注いで欲しい。

 

大抵は主人公やHPの低いor高いキャラに使うプレイヤーが大半のはず。自分もかつてそうだった。

 

 

・きのみ理論

きのみの前提として「使わなくてもクリア出来る」と言うのがある。手に入る個数も通常プレイなら多くは無いし、困ったらレベルを上げれば良い。

 

なのでそもそも使用時に迷う必要が無いと考えている。離脱するキャラに使ったとしてもクリア出来る、後々スタメンでないキャラに使ってもクリア出来る訳。

 

なので自分が今プレイする時の基準として

 

進行段階でHPがネックになっているキャラを強化する」使い方をしている。

 

例えばドラクエ4で使うなら主人公やアリーナに振るのがスタメン率も高くおおよそ腐りにくい。しかし主人公が出て来るのは5章からでタイムラグがある。

 

例えば2章のブライHPが30に対し使用で5の上昇(16%)を取る方が、導かれし者たちが集結し主人公HP100以上に5の上昇(5%)を取るより上昇幅が大きい訳だ。

 

でも結局ブライ使わないよね?

 

使いません。使いませんが2章は使わざるを得ない状況なんです。そんな折にあばれこまいぬに倒される爺さん。イライラしませんか?自分は壁殴りました。

 

ならば弱いキャラに補強として使用してストレス軽減する方が良いよね?結果的に快適なプレイに繋がるよね?と考えてブライにきのみを使うに至った訳ですよ。

 

どう使ってもクリア出来るなら快適なプレイの為にその時々弱いキャラに注ぐ

 

これが持論。あくまで楽しくゆるくプレイしたいだけなので。

 

 

・エリクサー病

道具を温存してしまい結果的に死蔵する病気。ラストエリクサーと言う買えないがHPMP全快の極少数しか手に入らないスーパーアイテムが元だろう。今回は世界樹の葉やしずく病か?

 

勿体無いのは分かるし性格的にも慎重なプレイヤーがやりがちだ。

 

これも「使わなくてもクリア出来る」訳ですよ。だから自分は種もエリクサーもガンガン使うし道中だろうと雑魚だろうと気にしない。

 

特に道具縛りとか無い通常プレイなんでしょ?そしたら快適なプレイが大事じゃないですか?ストレスを減らして楽しむのが良いと思ってるんですよね。

 

道具を温存しない事がストレスなら仕方ないですけどね。

 

万一の為に温存する方が良い!

 

この考えが違うと思っていて、万一にならない為に先行投資として使ってしまえば良いよね?と。

 

道中でMP無いなら使えば安全になれる訳だし。そもそも強いキャラがどれかなんて初見プレイじゃ最後の方まで分からんしね。ならエリクサーも種も使っちゃいなよと。

 

機会を損失する方が道具として勿体無い。こんな道中でなんて使いたくない!で結果的に最後まで腐らせるプレイヤーよりガンガン使うプレイヤーの方が合理的じゃない?

 

使わないと道具は使えないんですよ。

 

 

・持論のまとめ

・いのちのきのみは進行段階の現状で使わざるを得ない弱いキャラに使ってストレスを減らす

・道具は温存するより使う方が合理的

 

 

結局ね、人によってプレイが違うから正解は無いんです。好きに使うのが一番。