sangouの支流

王道とは軸をずらした題材でふらっと書くゲーム日記

モダン格安デッキ ~見事な再生、迷路の終わり~

MOの安価デッキでJust for fan(カジュアル)で遊ぼうの回

 

発掘や物漁りで高速で墓地を増やし、見事な再生で土地を全て場に出し迷路を完走。相手は死ぬと言ったデッキ。

 

f:id:sangou35:20180122174105j:plain f:id:sangou35:20180122174055j:plain

 

 

デッキを探して居た時に読んで面白かったこれを参考に組みました。

neethouse.com

 

 

自ら未知の世界に迷い込む男が一人、果たして見事な勝利で終われるのか?

 

 

・デッキレシピ

f:id:sangou35:20180122170222p:plain

Creature(8)
サテュロスの道探し》4
《臭い草のインプ》4

Instant&Sorcery(23)
《信仰無き物あさり》4
《探検》4
《安堵の再開》4
《暁の魔除け》2
《忌まわしい回収》4
《壌土からの生命》1
《見事な再生》4

Artifact(4)
《精力の護符》4

Lands25
各ギルド門2枚ずつ(20)
《迷路の終わり》3
《山》1
《森》1

Sideboard(15)
《暁の魔除け》2
《稲妻の斧》4
《神々の憤怒》2
《暁の魔除け》2
《自然の要求》4
《栄華の儀式》3

 

参考にした記事は異界月当時の物。今では数エキスパンションが経過した為デッキの調整からスタート。

 

暁の魔除けは腐るマッチアップを考えサイドに2枚送る、森の占術はやや悠長な気がしたので抜く(もしかしたら要るのかも?)。空いたスロットにドレッジ系で頻繁に使用される安堵の再会を4枚投入。安堵の再会に合わせて基本土地を山と森に散らして完成。

 

サイドボードも安価な物で統一。稲妻は高かったので手札を墓地に送りつつ1マナでタフ5まで倒せる稲妻の斧。追加の暁の魔除け。カウンターカンパニーや人間などに強く便利な神々の憤怒。致命的なカードへ対処出来る自然の要求。そして思い付かなかったので栄華の儀式を3枚。

 

 75枚にして15チケ($17程度)に収まると言う非常に経済的な仕上がりに満足。

 

正直な所、大祖始の遺産や外科的摘出「指定:anyギルド門」だけで投了するしか無いデッキだ。しかしながらガチと対戦しに行くわけでは無いので気にしない事にした。

 

f:id:sangou35:20180122172921j:plain  f:id:sangou35:20180122172923j:plain

犯罪デッキへの抑止力はファンデッキを一撃で殺害する。

 

・マリガンとプレイング

キープしたいカード

f:id:sangou35:20180122174105j:plainf:id:sangou35:20180122174904j:plainf:id:sangou35:20180122174902j:plainf:id:sangou35:20180122174909j:plainf:id:sangou35:20180122174907j:plain

フィニッシュ手段を見事な再生に頼るので必然的に再生はマストキープとなる。精力の護符は1~2tで出るかによって速度の開きが著しいのでこれまたマスト。物あさり+安堵の再会も動きを良くしつつ墓地を肥やせるので欲しい。サテュロスはどちらでも良いがクリーチャーを展開しつつ墓地が増やせるので選択肢として悪くない。

 

探検は案外追加の土地が無かったり、ルーティングの優先度の高さによってプレイしない機会が多いのでキープしない。忌まわしい回収も色拘束が厳しくキープする基準にはならなかった。

 

 

基本的なプレイング

①物あさり、安堵の再会、発掘、サテュロス等でデッキを削り墓地を準備しつつ手札を整える

②見事な再生を撃つ

③迷路の終わりを起動する

 

この3点だけで話が終わる。物あさりのフラッシュバックを活用する機会が多いので積極的にインプの発掘を起動する方が勝ちやすい印象。魔除けやインプ素出しでチャンプする事で時間は稼げるので①~③以外に考える部分はさほど無いだろう。

 

 

サイドボード

クリーチャーデッキ相手

in

f:id:sangou35:20180122180139j:plainf:id:sangou35:20180122180139j:plainf:id:sangou35:20180122180100j:plainf:id:sangou35:20180122180100j:plainf:id:sangou35:20180122180100j:plainf:id:sangou35:20180122180100j:plainf:id:sangou35:20180122180107j:plainf:id:sangou35:20180122180107j:plain

 

out

f:id:sangou35:20180122180359j:plainf:id:sangou35:20180122180359j:plainf:id:sangou35:20180122180359j:plainf:id:sangou35:20180122180359j:plainf:id:sangou35:20180122180402j:plainf:id:sangou35:20180122180402j:plainf:id:sangou35:20180122180402j:plainf:id:sangou35:20180122180402j:plain

 

とにかく除去で打点を減らし、護符で耐えれば勝てるマッチアップ。探検はメインの時点で使用頻度が低いので抜く、忌まわしい回収もサテュロスより優先して使えないマッチアップなので抜いていた。

 

 

コンボデッキ相手

in

f:id:sangou35:20180122180801j:plain×必要数

f:id:sangou35:20180122180806j:plainf:id:sangou35:20180122180806j:plainf:id:sangou35:20180122180806j:plain

 

out

f:id:sangou35:20180122181129j:plainf:id:sangou35:20180122181136j:plainf:id:sangou35:20180122180359j:plainf:id:sangou35:20180122181117j:plainこれらから必要数

 

これらのマッチングでは自然の要求の必要枚数に応じて入れ替える事になる。大抵はこの4枚から不要なカードを減らすサイドボードで問題ないだろう。

 

 

青系コントロール、黒系思考囲いデッキ

f:id:sangou35:20180122181652p:plainf:id:sangou35:20180122181647p:plain

基本的に勝てない上にカジュアルではないパターンが多いので投了しましょう。

 

・Just for fanの世界へ

プレイしない事には分からないと意を決して参戦。

 

初戦の相手はアモンケットで増えたマイナスカウンターを使ったミッドレンジデッキ。見事な再生が間に合う速度のデッキだった為、難なく勝利する事ができた。

f:id:sangou35:20180122172605p:plain

 この時点でカジュアルで遊ぶ分にはちょうど良さそうだなと確信。

 

続く2戦目。

f:id:sangou35:20180122173327p:plain

まさかのDeath & Taxが登場。カジュアルか?お前カジュアルなのか?と疑問に思いつつ護符込みの再生で勝利を収める。二本目はサリアが出て来た物の気にせず見事な再生で勝利。なんだこのデッキ?思った以上に強いじゃないか?サージカルが来なければ行けるのかもしれない。

 

その後も対戦を続け、戦績は7-5程度と上々。ここで安価版の赤青ストームと当たる。

f:id:sangou35:20180122173656p:plain

何故かこちらが4キルをかますハプニングで勝利。サイド後も何故か勝ててしまった。

 

結果的に9-6の戦績を収め、JFFの世界では十分楽しめる事が判明した。思考囲いウーズで即死した回や思考囲い思考囲いで即死した回もあったが、カジュアルじゃない手合いなので気に病む必要も無いだろう。

 

 

・まとめ

迷路を抜けた先は達成感と原点への回帰が待っていた。普段はガチデッキを握りしのぎを削る対戦をしているが、初心に帰りファンデッキで対戦するのは新鮮で良いものだ。相手も丁度よいデッキが多く、カジュアル用カードは安価なので使いたいカードを軸に楽しめる無限の迷路が存在していた。

 

サージカルやめろ