sangouの支流

王道とは軸をずらした題材でふらっと書くゲーム日記。ウーズゆえ語調と存在が不安定。

PTCGO初心者向け テーマデッキの新しい選び方

テーマデッキの購入は迷う所ではないだろうか?強さだけでなく楽しさ・使用感・コインなどに触れた新鮮な形での紹介をしよう。

 

f:id:sangou35:20181001145455j:plain

こう言った感じのもの

 

PTCGOの序盤と言えば、テーマトーナメントからトレードのパックを集めるのが定石だからね。(実はピカチュウアバターボックスを利用してトレードを始めれば対戦せずとも資産を増やす事も可能ではある。

 

大体テーマデッキのオススメと言えば、少し前まではガブリアスだけが多かった。今はそうでも無いだろうか?答えはイエス

 

今現在強いテーマデッキ

 

 ①ジュカインラグラージアローラナッシー

ガブリアスエンペルト

 

 この5つ、特に①の3デッキが優秀で強さを見るならオススメ。この5つ以外はあまり強くないので楽しさだけを見れば選択肢に入るが、勝つのが難しくストレスになりやすいので今回は割愛。

 

とここまでは多くの媒体で言及されて来た内容。

 

実はこの5デッキなら何を選んでもトーナメント優勝出来るし、デイリー消化にも困らない。

 

なのでテーマデッキ選びは強さだけでなく他の要素でもいいよね。今回はプレイ時の楽しさや印象などを独断と偏見で伝えていく。なので強さ以外の観点にも言及する点で珍しい形のテーマデッキの紹介になるかな?

 

テーマデッキに付属しているコインはスタンダードなどの構築戦でも使える。これに触れている記事も無かったので選ぶ理由にするのもアリかもしれない。合わせて紹介しよう。

 

エンペルトラグラージは持っていないので友人とひたすらテーマデッキ対戦をした時やランダムマッチングでの印象になる。全ての要素が主観ではあるが参考になれば幸いだ。

 

 

 

ガブリアス

オススメ…シロナファン、ガブリアス好き、無双感を味わいたい人向け、ミッドレンジ好き

楽しさ ☆☆☆☆

安定感 ☆☆

強さ  ☆☆☆

見た目 ☆☆☆☆☆

速度  ☆☆☆☆

 

有利:アローラナッシーラグラージ

不利:ジュカインエンペルト

 

総合評価B 

 

デッキリスト&コイン

f:id:sangou35:20180928073534p:plain

f:id:sangou35:20180928094228p:plain 写真映えする自分の得意角度を理解しているコイン。

 

デッキのポイント

まずは王道のガブリアス、ガブルカデッキ。

 

優秀な技を持つガブリアスと一緒に居れば何でもカードを探せるルカリオを軸に戦っていく王道進化デッキ。人気デッキなのでプレイヤーも多い。

 

性能面で言えば技で進化出来る為にガブリアスを立てやすく強い。ガブリアスはベンチ50 or 正面100 or 200(シロナ使用時)を出せるマルチロールアタッカーで非常に使い勝手が良い。特に好きなポケモンに50ダメージを与えられる「クイックダイブ」が強い。ルカリオガブリアスが並べば毎ターン好きなカードをサーチ出来る点も見逃せない。

 

ルカリオガブリアス→シロナ

 

お気付きだろうか?そう、これは半分シロナデッキなのだ。シロナが好きなプレイヤーはそれだけで選択する価値がある。俺も最初に感動させられた。

 

その他のポケモンにも触れよう。

 

ガブリアス以外のアタッカーはデカグースが強い。先手2ターン目から100ダメージが叩き出せる場合があり、理不尽を押し付ける性能が高い。相手次第ではフカマルより優先してヤングースを初動にする。

 

カバルドンとヒポポタマスは不用意にバトルポケモンにすると詰むので注意。逃げにも攻撃にも3エネルギー必要で、事故率がそれなりに高いこのデッキは3エネルギーを用意出来ず死活問題になりやすい。身動きが取れない間に相手は重めのカードや盤面を作る起点にされてしまう。

ガブリアス同士のミラーマッチでも不用意に出すとクイックダイブでベンチをひたすら狩られて負ける。カバルドンは4エネルギー付いていればアタッカーとして優秀なのでベンチで育てておくのはアリ。

 

ソルロックミカルゲはどうしようも無い時にドロー連打運用をして打開策になる場合がある。 ミカルゲは相手のたねポケモンを嵌められるので稀に勝ち筋になる。

 

そしてこのデッキ、ガブリアスが落ちた後の立て直しを意識してプレイすると上手く勝てるようになる。クイックダイブで削った相手をタイプヌルでトドメ刺したり、穴抜けで逃げが重い相手を引っ張りクイックダイブを連打する起点にしたり頭脳プレーも出来る。

 

とにかくクイックダイブでタマタマやフカマルを倒し続ける快感は他には無い逸品だ、お試しあれ。

 

ククイ博士、シロナ、マラサダがサイドとデッキ合わせて何枚残ってるのかを意識しながらプレイすると中級者気分が味わえてオススメ。実際に役に立つ思考。

 

 ポケモンのキャッチーさとシナジー要素がアツく、それだけで選択する価値があるデッキ。

 

一方でやや単調になりやすく飽き性なプレイヤーは他のデッキの方が向いてるかもしれない。

 

パーツ目的ならシロナと友達手帳になるか。ただしシロナを手に入れたいならトレードの方が安上がりかなと。

 

良くある質問としてガブリアス2個買ってスタンダードのデッキにするのはどう?が多い。答えはガブリアスが使いたくて好きならOK。ガブルカはしっかり構築すればスタンダードでも勝てるデッキになるので組みたいなら。

 

スタンダード構築用(ちょい足し)

2個買ってグズマミステリートレジャーや闘タイプのガブリアスなど高く付くカードを入れないちょい足しで良いならこんな感じ。シロナとふしぎなアメとダブル無色エネルギーだけは流石に必須。

f:id:sangou35:20180928082936p:plain

 

 テテフ等が入ったレシピが気になる人は各自調べてみて欲しい。

 

 

 

エンペルト

オススメ…相手を苦しめて嫌な顔が見たい、エネルギー加速がしたい、水ポケが好き、ギャンブル要素を楽しみたい、ハースストーンプレイヤー、運に自信ニキ、陰キャ

楽しさ ☆☆☆

安定感 ☆☆☆

強さ  ☆~☆☆☆☆☆(運による)

見た目 ☆☆☆☆

速度  ☆☆

 

有利:ガブリアスアローラナッシー

不利:ラグラージ

 

総合評価C(俺がこのデッキ嫌いな為)

 

デッキリスト&コイン

f:id:sangou35:20180928083920p:plain

f:id:sangou35:20180928094831p:plain 青の加減が美しく素敵なコインだ。

 

デッキのポイント

性能面で言えばサニーゴアローラサンドパンでドローサーチにより盤面を整え、高火力なエンペルトで攻めるデッキ。実はめちゃくちゃ強いのにプレイヤー数が少ないデッキ。

 

エンペルトは互いのベンチの数×20ダメージを出せる超強力なカード。これにより相手はベンチへ展開を渋りやすく、速度の遅さを相殺しやすい構成に仕上がっている。耐久も160と高く、一撃で倒す事は非常に難しい。まさに皇帝Empoleon。

 

実は高火力のカードはエンペルトだけしか居ない。少し待って欲しい、エンペルト以外にパンチが無いデッキでどう勝つのだろうか?

 

    運 ゲ ー で あ る

 

このデッキ実にほとんどのポケモンコイントスの成否により強いか弱いかが変動する。例えばマナフィは水エネで20ダメージの技に眠りが付いている。眠らせ続ける事が出来れば状態異常対策や入れ替えが難しいテーマ戦では為す術が無い。コイントスが上手なら理不尽なイージーキルが発生してしまう。

 

なので俺は大嫌いなデッキなのだが、使ってる友人はマナフィで5ターン連続睡眠成功させて楽しそうにしていた。使う側は非常に気持ちが良いギャンブルが出来るデッキ。

 

ギャンブル要素が強いのに安定感が☆☆☆もあり高いのは何故か?前述のサニーゴアローラサンドパンによるサーチとドローが優秀な部分だ。骨子が出来ているギャンブラーゆえに厄介な強さを誇るデッキだ。

 

またデッキリストを見れば分かるように水ポケモンしか居ない、リストも盤面も心なしか美しく感じられる点も他のデッキより強い部分。

 

アクアパッチ+ユキノオーによるエネルギー加速も優秀な要素。丸腰のエンペルトがいきなりステーキより速く相手を500グラムステーキ、いわば肉塊に出来る瞬発力も兼ね備えている。

 

ハースストーンプレイヤーなら運要素に違和感も無いだろうし上手く扱えるかもしれない。

 

他のデッキを作る際に使えるパーツの観点で言えばアクアパッチぐらい。パーツ抜き目的ならオススメは出来ない。

 

運に自信のある貴方、オススメですよ。相手に何もさせない快感を味わおう。

 

 エンペルトを構築で使ったデッキは組んで無いのでレシピは用意出来なかったが、そこそこ戦えるようなので興味がある人は調べて欲しい。

 

 

蒼海の畜生マナフィ無限に眠らせやがって、絶対許さねえからな!!(20敗)

 

 

 

アローラナッシー

オススメ…シナジー好き、テクニカルなプレイがしたい、高速で大ダメージを叩き出したい、アローラ在住者

楽しさ ☆☆☆☆☆

安定感 ☆☆☆

強さ  ☆☆☆☆

見た目 ☆

速度  ☆☆☆☆☆

 

有利:ジュカインラグラージ

不利:ガブリアスエンペルト

 

総合評価A

 

デッキリスト&コイン

f:id:sangou35:20180928090720p:plain

 f:id:sangou35:20180928100733p:plain コイン映えするポケモン、惜しむらくはカラーが緑や金や黄色で無い点。

 

 デッキのポイント

最初に見た時はエネルギーが5種類にポケモンのタイプもバラバラで何だコレ???となった記憶がある。その実態はプレイするほど深みの出る良作テーマデッキ

 

アローラナッシーはトラッシュの基本エネルギーの種類×20ダメージを追加出来る技「トロピカルシェイク」を持つ。これが草エネルギー1つで最大120ダメージと言う驚異の威力。この技を活かす為にトラッシュにエネルギーを揃えつつ場を充実させていくデッキ。

 

準備が必要なデッキではあるが、最速で回ると進化可能ターンから120ダメージが出る。そうなれば圧倒的優位間違いなし。アローラナッシー次第ではテーマデッキ最速で勝負を決められる実力派に仕上がっている。

 

しかしながらアローラナッシー含めポケモンだけで出せる最大打点が120止まりと低い。この点を如何に補いつつプレイ出来るかは実力の見せ所。

 

好きなデッキなのでポケモンに付いてもしっかり記そう。

 

アローラナッシー、主役。1進化1エネルギーで破格のコストパフォーマンス。弱点の炎を突けるポケモンもテーマ戦ではアローラガラガラマグカルゴぐらいと少ないのも追い風。早い段階でアローラナッシーの打点を増やす為に奮闘するデッキ。

ナッシーの強さで持っているデッキなので如何に長く戦えるかが重要。逃げるには3エネルギー必要と逃げエネが重たいので、展開を先読みしつつエネルギーを多めに貼っておくと良い。タイミング良く逃して他のポケモンでトドメを刺すなど工夫して長持ちさせると強い。

タマタマは体力が低いので危ないと感じたらベンチに下げておくか技で増やそう。

 

アローララッタは分岐進化、0エネで60ダメージを出せる方はエスケープボードか弱点保険と合わせて運用する事で真価を発揮する。

もう片方のラッタは2エネの技によるサーチが非常に強力で必要なパーツを揃えられ勝ちに大きく貢献、出来るヤツ。打点もコイン次第だがそれなりに出せる点も優秀なカード。

進化前のアローラコラッタは体力40なものの逃げエネが0、非常に便利なので敢えて進化せずに使う場面もある。

 

アローラガラガラは0エネでエネルギーを2枚探して自由に貼れ、2エネで自分の場のアローラの姿×20ダメージが出せる。非常に使い勝手が良い1枚。炎タイプなのでジュカインやナッシーの弱点を付ける点が高評価。

ミラーマッチでは高速ブンが無ければ、弱点保険等を駆使しアローラガラガラを巡る攻防を制した方が勝つ。

進化前のガラガラは2エネで40点出る闘タイプなのでククイ博士と合わせてランターンライボルトを一撃で倒すプレイが出来る。意識すると勝率に差が出るので覚えておこう。

 

アローラサンドパンは毎ターンドロー出来るので優先的に一体はベンチに立てておきたい、攻撃しに行く事は滅多に無いが技自体はそれなり。

 

トリミアンソルロックオドリドリの三体は優秀だが罠ポケモンアローラガラガラの打点に支障を来すので多くても二体までしか場に出さないようにしたい。出来るだけトラッシュのエネルギーの種類を増やせるように多く貼って相手に倒して貰うのを意識すると良い。事故で無ければ必要に応じてオドリドリソルロックトリミアンの優先度で場に出す。

 

このデッキのレスキュータンカは大事に運用したい、アローラナッシーを立てられる回数=強さだからね。

 

ナッシーの最速ブン回り以外で勝つパターンをプレイして行く内に覚えていく楽しさ、純粋にプレイして居て面白いデッキなので一番オススメ。

 

ハイパーボール→オドリドリ→エネ2枚→マーマネ→ナッシーなどが繋がった時の気持ちよさはこのデッキならでは。

 

強い上に数の多いジュカインにも勝ちやすい立ち位置の良さも高評価。

 

パーツ取りとしては微妙だね、デッキリストも綺麗では無いしヴィジュアル重視したいプレイヤーには向かない。

 

スタンダード構築(ガチ)

非GXの中でも強いカードなのでスタンダードでも戦えるだけのパワーがある。

f:id:sangou35:20180928101326p:plain

しっかりスタンダードで戦えるように組んだナッシーデッキの紹介記事があるので詳細はそちらを。

sangou35.hatenablog.com

 

 

 

ラグラージ

オススメ…ドロー大好き、テクニカルに遊びたい、リソースに余裕があるデッキを選びたい、プレイヤーが少ないデッキにしたい

楽しさ ☆☆☆☆

安定感 ☆☆☆☆☆

強さ  ☆☆☆☆

見た目 ☆☆

速度  ☆

 

有利:エンペルト

不利:ガブリアスアローラナッシージュカイン

 

総合評価B

 

デッキリスト&コイン

f:id:sangou35:20180928110723p:plain f:id:sangou35:20180928111146p:plain これもかなり良いコイン、水色はコイン映えする。

 

デッキのポイント

テーマデッキ随一のドロー力とアドバンテージ獲得力に優れた重コントロールデッキ。とにかくドローが好きなカードゲーマーには楽しいデッキ。

 

ラグラージは特性が異常な強さで、1枚カードを捨てて3枚ドローが出来るゾロアークGX(彼は2枚ドロー)よりも強い特性を持つ。ハイドロポンプの威力も青天井であり、ラグラージによるラグラージの為のマグカルゴが強いデッキと言った印象。

 

マグカルゴは特性によりデッキの好きなカードをデッキの一番上に置ける、エネコロロは進化時にトラッシュからサポートを2枚回収出来るとアドバンテージの権化しか居ないホウエン地方みたいなデッキだ。

 

マグカルゴラグラージの特性を合わせる事で毎ターン好きなカードを持って来る事も可能だ。ラグカルゴが誕生したら相手とのリソース差は計り知れない。キミだけの宇宙がそこにはある。

 

ただしラグラージだけで戦うと勝てないのでロトムユキノオーもしっかり運用する必要がある。

 

ラグカルゴの体制が作れたらルアーボールやレスキュータンカでラグラージを何度も立てよう、相手が根負けする事請け合いだろう。

 

ここまで読むとなんだ最強じゃん!!と思うのは罠なんだ、申し訳ない。

 

ラグラージの弱点は草、つまりジュカインデッキやナッシーに弱い。これさえ無ければデッキ自体はとんでもなく強いので天下を取れて居た。

 

それほどに草弱点がネックになっている。その点を除けばかなり良いデッキなのでオススメのデッキである。

 

リソースやクリティカルなカウンターを意識したプレイングも初心者が上達するのに向いている。今後の構築戦でゾロアークGXなどを使う予定があれば練習になるかも。

 

ターン毎の操作量が多いので面倒くさがりには不向き、操作が少ないジュカインとかにした方が楽なはず。

 

フウとラン、ぼんぐり職人、マグカルゴなど構築で使えるカードも多い。ラグラージ自体の性能はとんでもないので今後ラグラージGXなどが来れば大化けするかもしれない。

 

ラグラージエンペルトを合わせたデッキは構築戦でたまに見掛ける、レシピは残念ながら分からない。

 

雑にアメとラグラージとアクアパッチを入れて戦うだけでもそこそこ勝負出来た経験はある。

 

 

ジュカイン

オススメ…強いデッキが好き、アタッカーの質が高いデッキが好き、ブンムーブを決めたい、グズマが欲しい、ウルトラビーストに憎しみがある

楽しさ ☆

安定感 ☆☆☆

強さ  ☆☆☆☆☆

見た目 ☆☆☆

速度  ☆☆

 

有利:エンペルトラグラージガブリアス

不利:アローラナッシー

 

総合評価A

 

デッキリスト&コイン

f:id:sangou35:20180928113655p:plainf:id:sangou35:20180928113702p:plain 緑が美しいコイン、結構好きな一品。

 

デッキのポイント

とにかくデッキの質が高く強い。アタッカーが豊富で使い所の無いポケモンが1枚も入っていない、トレーナーカードもグズマやリーリエを筆頭に優秀なカードが揃っている。強いデッキを選びたい人はコレ。

 

強い上に新しいデッキなので人気も高い、ミラーマッチでは運もあるがプレイで差は付けられる点も練習になりそうだ。

 

表紙のジュカインは自分の場のエネルギーの数×20ダメージを出せる青天井ポケモン。テーマ戦では特性は全く役に立たないが気にする程ジュカインは弱くないので問題ない。

 

そんなスター軍団を紹介して行こう。

 

エネルギーが多く必要なポケモンが多い中、草エネルギー単体で動けるジュカインはエース。エネルギー消費の少なさを活かして打点を出しつつベンチを育てる時間を作れる。体力は140とまずまず高いので安心。

進化前のジュプトルはコイン次第で60出るのでククイと合わせて体力80のガバイトを倒すと相手が良く投了する。真似していいよ。

 

トリックスターと言えばライボルト、ブン回りの化身と言えばライボルト。1進化でありながら後手なら最初のバトルポケモンとして進化無しで出せる驚異のカード。ジュカインデッキを相手にする際は極力後攻を渡さないようにしたい。

雷エネルギー単体で40ダメージを出しつつ手札のエネルギーを2枚までベンチポケモンに付けられる超優秀な技を持つ。序盤の体力の低い相手を倒しつつ場を高速で強く出来れば勝ちは目の前だ。

当然の権利のように逃げエネが0なので頭がおかしい、グズマと組み合わせても使いやすく本当に便利な1枚。

後手ライボルトスタートはそれだけで勝てる程に強い、一方でそのまま事故って負ける場合もあるので相手がライボルトスタートでも諦めない。

 

ガブリアス以外で皆勤賞のユキノオー選手。他のデッキよりユキノオーが強く感じる。なにぶんライボルトで加速もあるので動かしやすい、打点はやや低いがライボルトジュカインと組み合わせて戦おう。眠りで相手をバグらせるインチキで勝つ試合もある。

 

強打者のランターン。3エネ技使用時にエネを2枚トラッシュすれば140点を出せる非常に強力なポケモン。その代わりエネルギーの消費が激しいのがネック。しかし特性で自分のバトルポケモンが気絶した際にベンチに居ればエネルギーを引き継げるので完成度が高い1枚。

大抵相手をワンパンする目的で出す。次のターンにエネを貼って逃げる事になるかワンパンされ返すのでトラッシュはそこまでデメリットにならない。ククイと合わせて160ダメージを出してガブリアスやナッシーを一撃で倒せるのは心強い。

トラッシュせずに70ダメージ出せる点やエンペルトの弱点を突ける点もポイント。

 

影のエース、ヤレユータン。手札が三枚になるまでカードを引ける特性の強さは言うまでもなく。技も3エネで60+相手のバトルポケモンのエネ×20ダメが出せる。

ユキノオーをワンパン出来るし、ガブリアスにも120出せる。裏で育てて置くと圧力があり頼もしい。

ノコッチやネストボール等で優先してサーチしておきたい、特性が単純に強いので展開を良く出来る。

 

ノコッチトリミアンもサーチとドローで非常に優秀だ。ノコッチコイントスさえ上手く行けばダメを蓄積させられるので運勝ち狙いが出来る点も悪くない。

 

このデッキ非常に強い代わりにプレイが地味で面白い部分が少ない点が欠点。とにかく堅実に強いデッキゆえにワクワクする展開はあまり無い。

 

しっかりサイドレースをして上手く勝てると楽しいし、自分の上達が理解しやすい部分は良いね。質実剛健

 

トーナメントで勝ちたい、デイリーを楽に消化したいプレイヤーには最適。

 

パーツ取りの観点からすればヤレユータングズマ、フウとランは優秀。これだけ強いテーマにそんなん入ってて良いのかと思うレベル。

 

スタンダードではフシギバナと合わせてジュカインを運用するデッキを見掛けた。レシピは分からないが。

 

11月のLosr ThunderではジュカインGXが収録される、ジュカインデッキに小ジュカイン(テーマデッキの奴ね)も入るので使いみちもある。

 

 

 

まとめ

勝ちたい→ジュカインアローラナッシー

相手の時間を奪いたい→エンペルト

相手に嫌な気持ちになって欲しい→エンペルト

陰キャの自覚がある→エンペルト

 

ジュカインに単調で面白い展開が少ないと書いたものの、面白さは人それぞれでどれも面白い部分や瞬間はある。なので鵜呑みのはせず少しでもデッキ選びの参考にして貰えるとちょうど良さそう。

 

それでも迷ったら好きなポケモンが入ってるのにしよう。好きなキャラやポケモンはモチベーションが続きやすい。

 

質問等があればコメントなりツイッターまで

sangou (@sangou_hs) | Twitter