sangouの支流

薄れていく記憶や記録の痕跡を少しでも残す場所。ゲームと日常的な事がメイン。

PTCGO/ポケモンカードのイラストとデザインを語ろう 海外版限定もあるよ

f:id:sangou35:20180929081113p:plain  ロゴの位置が酷すぎる・・・

 

今回は個人的に好みなイラスト・デザインのカードと紹介したい程ひどいカードについて。

 

メタグロス ★ Celestial Storm Promo

f:id:sangou35:20180929080323p:plain

まず見て欲しい、メタグロスの重厚感、背後にはカッコよく立つダイゴ、ポケモンリーグのロゴ。やべえ奴を見せた後に見るロゴの印象はどうだろうか?

 

ロゴと合わさり調和が実に美しい一枚ではなかろうか?個人的にかなり気に入っている。

 

ダイゴの決断は超強力だが使用時点でターンが終わる、そんなデメリットをストーリー性のあるカード、メタグロスなら解決出来る。これほどアツいものは無いだろう。

 

 

ダイゴの決断 ★ Celestial Storm

f:id:sangou35:20180929080833p:plain

f:id:sangou35:20180929081444p:plain

効果は強力無比だがデメリットが重たい、イラストも良い。こう言ったデザイン性やイラストを重視して楽しむのも乙な物だ。たまには好きなポケモンやトレーナーを強さ度外視して使うのも良い。ダイゴの決断とメタグロスは十分に強いので趣旨としては怪しいけども。

 

 

レシラムEX ★  Legendary Treasures Promo

f:id:sangou35:20180929081113p:plain

一方でクソデザインカードも存在する。イラストはカッコいい、しかしながらロゴの位置が無遠慮過ぎる。ポケモンリーグはそんな管理でやってけるのかよ。

 

生主の中途半端な顔隠しみたいになっており非常にダサい。何をトチ狂ってこうなったのだろうか?ロゴの位置に融通を利かせても良かっただろう。

 

ロゴが無い通常版はこちら。

f:id:sangou35:20180929082100p:plain

やはりカッコいい。ロゴが如何に足を引っ張って居たかが分かる。

 

しかしながらロゴ自体はメタグロスの項で見たように映える場合もある。適材適所と言うよりはサルでも分かる配置の妙か。

 

 

リザードンEX XY Promo

f:id:sangou35:20180929082607p:plain

既視感が無いだろうか?

 

f:id:sangou35:20180929082827j:plain竜王である。

 

恐らくモチーフも似ているのでオマージュだろうか?どちらもデザインとして美しい。

 

性能に関してはメガシンカすれば何でもワンパン出来る300打点マンが立つので世界の半分、いやサイドの半分ぐらいは取れるだろう。

 

 

マッシブーンGX S&M Promo

f:id:sangou35:20180929083303p:plain

PTCGOの良い所に日本では見ないイラストのカードがある。このマッシブーンは良い例だろう。

 

後々日本にイラストが逆輸入されるパターンがあるが、今現在上陸はしていない。

 

マッシブーン特有のヒロイック・コミカルなキャラクター性が表現されており非常に好みな一枚。実は通常イラストを使用しているが。

 

今現在スタンダードではマッシブーンに対して逆風の為に安くなっている。性能自体は高いのでイラストが気に入ったら是非手に取る事をオススメする。

 

ちなみに逆風の理由として。

・オクタン ピーピーマックス かるいし ストロングエネルギー コルニ ちからのハチマキ 闘魂のまわし レジロックEX

                         などが徐々にスタンダード落ち

⇒特にストロングエネルギーが大きく、打点が簡単に伸ばしにくくなった

 

・スタンダードの強いデッキに苦手な祠マッシダストが居る

⇒超弱点ゆえにダストに弱い、祠も刺さる。序盤はジェットパンチなのでストロングエネルギーが無い今は打点が足らなくサイドレースが厳しい。

 

 

ルナトーン ★ Celestial Storm

f:id:sangou35:20180929084226p:plain

最後はこのカードで締めよう。

 

何故ルナトーンなのか?それは好きだからに他ならない。不気味なポケモンながら引き込まれる何かに魅了された。

 

それはサファイアをプレイしていた時だった。流星の滝で現れたヤツに目を疑った。不気味なポケモンだなと。しかし嫌いにはなれなかった。直ぐにタツベイを捕まえる為に持ち込んだボールを投げていた。

 

ルナトーンとの出会いである。

 

その当時のポケモンカードでもルナトーンは居た。

f:id:sangou35:20180929084832j:plain

非常に神秘的なイラストに惚れ、イエローサブマリンで買い占めた記憶が甦る。

 

そして2005年、まぼろしの森でもルナトーンは収録された。イラストはCelestial Stormやチャンピオンロードの物と一緒である。

 

そうリメイクカードなのだ。じならしマグカルゴなどもそうだ。

 

このイラスト自体はルナトーンの持つ神秘的な魅力には欠け、月と言うシンボルとして、キャラクターとしての側面が強い点で好みではない。

 

しかしながらPTCGO上で光ると美しい、単純に月が綺麗で空は妖しく光りルナトーンはそこに居る。それだけだが美しい。

 

カードの性能としては炎タイプの非EXとGXに対するメタカードである。どんなデッキにも積まれうるような炎ポケモン次第では使われる可能性はあるだろうか。

 

性能よりイラストで好きだから気にする事は無いが。

 

 

 

自分が気に入ったイラストやデザインのカードを集め、デッキで使うのも良い娯楽になる。ガチ対戦だけでなくコレクション要素も優れたポケモンカードだからこそ出来る遊び方だ。是非気に入ったカードを探して欲しい、PTCGOなら時間を掛ければ手に入れられるのだから。